三河・蒲郡における織物業の歴史

三河木綿のルーツを辿って

縄文・弥生期

古くから温暖な気候に恵まれた三河地方の衣料は、葛(くず)や山藤、山桑、大麻など野生樹木の繊維布が中心でした。弥生期になると、絹や苧麻(ちょま)などの植生繊維が伝来しましたが、暖かくてやわらかい絹は貢ぎ物になり、庶民の衣服とはなりませんでした。

その後、苧麻は急速に発展したものの、三河地方は良質の葛が多く野生していたため、室町末期まで麻や苧麻を経糸(たていと)に、葛を緯糸(よこいと)に織る布が庶民の衣服として用いられました。

『類聚国史』や『日本後記』によると、799年(延暦18年・平安時代の初め頃)に崑崙人(コンロン人)が愛知県幡豆郡福地村(現・西尾市)の海岸に流れ着き、助けてもらったお礼に綿の種と栽培方法を伝えたと言われています。『日本後記』には、これが日本の綿の起源と記されています。しかし、その綿種は日本の気候に合わず繁殖しませんでした。その後、我が国に綿業が根付くのに15世紀中頃まで待つことになります。

15世紀~江戸・明治期

15世紀中頃、明国(現・中国)綿種が輸入され、中部地区以西に普及しました。この綿種はいち早く三河地方に伝わり栽培・生産され商品化されたのです。国産木綿が初めて文献に登場するのは1510年(永正7年)。興福寺大乗院に残っている『永生年中記』で、"三川木綿"と記されています。

17世紀まで三河木綿の産地は、西三河の矢作川流域が中心で、蒲郡地方はそれに次ぐ生産地でした。元来、農地が少なく比較的温暖な蒲郡地方は綿の栽培に適しており、ほとんどの村で木綿が栽培され、現金収入の手段とされていたのです。

江戸期に入ると「綿耕作」「糸紡ぎ」「機織り」「木綿販売」が分業化・組織化されて、地域の基幹産業を担っていきました。江戸中期から木綿製品の需要が高まり価値が上がって増産されるようになり、明治に入ると工場が建てられ本格的に織物業が始まりました。以後、織物業はますます盛んになっていき、1932年(昭和7年)には、蒲郡の木綿の織込児服縞の生産高は全国第1位になったのです。

江戸・明治期には「三河木綿」や「三河縞(みかわじま)」という地域ブランドで庶民の暮らしの布として親しまれ、地域の重要な産業を形成していきました。もともと蒲郡の「蒲」は蒲の穂の「蒲」からきており、蒲の穂や葦で織られたものが日常的に使われていたようです。それに綿が加わり、綿の栽培と綿織物が盛んになっていったのです。

太平洋戦争以降

その後、太平洋戦争が始まり織物業は一時休止されましたが、戦争が終わると衣料不足の影響から綿布は高値で大量に売れていきました。1948年(昭和23)からの数年間は、つくればどんどん売れる「ガチャマン景気(ガチャンと織れば1万円儲かる)」と言われ、蒲郡地方は「ガチャンの町」として全国的に有名になりました。戦時中、休止状態になっていた織物業は、ここにきて目覚ましい復興を遂げていったのです。

Copyright © ガーゼ生地素材の加工・製造|有限会社ナカモリ. All Rights Reserved.