モノづくりの現場から | 日本の綿織業発祥の地「三河」 木綿ガーゼ生地製造・加工・OEM生産をお探しなら有限会社ナカモリ
トップ > モノづくりの現場から
赤ちゃんには肌触りがよくて安心な素材を使わせたいのはママみんなの願い
大人よりも皮膚が薄くてデリケートな赤ちゃんのすべすべお肌
直接肌に触れる肌着やタオルは特に素材に気をつかいたい
敏感で繊細で、透き通るような美しい肌をいつまでも守って上げたい
赤ちゃんから、おじいさんやおばあさんまで、様々な年代の人に愛される商品をお届けしたい
そんな想いからfuwaraのものづくりは誕生しました。
エコテックス規格100は、繊維製品における世界的な安全認証機関のなかでも権威のあるエコテックス国際共同体から与えられる認証です。
これを取得するには、生地素材はもちろんホックやボタン・縫い糸から、使用する染料・薬品、生産管理体制にいたるまで全数十項目にわたる厳しい検査をパスする必要があります。
協力業者や関係業者の品質管理まで問われ、製造にかかわるすべての材料・工程で一定の基準をクリアしていないと認証を受けることはできません。
エコテックス規格100の認証を受けた製品にはラベル(タグ)を付けることができます。人体への有害物質による影響や被害をなくすことを目的とし、繊維の全加工段階における原料、半製品、最終製品に適用される、世界的に統一された試験・認証システムです。
エコテックスラベルがついている製品は「安心・安全」が保証されたものとなり、消費者の方への信頼の指標となることはもちろん、国内外の各企業様間でのスムーズな取引の一助となっています。
エコテックス規格100は、以下の4つの製品分類に分かれます。なかでも「製品分類I」は乳幼児に適応できる安全性が求められます。乳幼児は寝具やパジャマを舐めたり吸ったりしてしまうことがあり、唾液で色素が溶けて体内に入ってしまうことも想定されます。
また肌が非常にデリケートなため、発赤、かゆみ、かぶれ、皮膚アレルギーなどを引き起こすおそれがあるのです。
そのため「製品分類I」の乳幼児用製品に定められた項目の規制値は、もっとも厳しくなっています。
Class Ⅰ
生後24ヶ月未満の乳幼児用繊維製品と繊維性玩具
下着、ロンパース、寝具用シーツカバー類、寝具、ぬいぐるみなど
Class Ⅱ
直接肌に触れる部分が大きい繊維製品
下着、パジャマ、シーツカバー類、タオル類、シャツ、ブラウスなど
Class Ⅲ
直接肌に触れにくい繊維製品
背広やジャケット、コート、詰め物、芯地など
Class Ⅳ
家具・備品用素材(装飾用・インテリアとして使用するもの)
テーブルクロス、カーテン、布製壁紙、カーペットなど
現在、二重織・三重織の多重織生地は生産が比較的簡単になり、市場でも多く見かけます。
当社が得意とする多重織(五重織以上)技術は、従来の多重織(二重織・三重織)とは異なり、高密度の綿細番手単糸により鮮明な柄が再現でき、生地の風合いもガーゼ特有のやさしい風合いを損なうことなく、完成度の高い生地に仕上げることが可能です。
当社の多重織の技術が認められ、近年では高級寝装品用の生地として受注が増えています。
独自の技術により、7年前に生産開始して以来、他社と競合することがほとんどありません。経糸のテンション調整は非常に難しい作業ですが、熟練の職人が日々改良を重ね、進化し続けています。
試作ではあるものの、現在「八重織」まで完成しています。
どこにも負けない熟練の技と匠
多重織の製織技術
現在、二重織・三重織の多重織生地は生産が比較的簡単になり、市場でも多く見かけます。
当社が得意とする多重織(五重織以上)技術は、従来の多重織(二重織・三重織)とは異なり、高密度の綿細番手単糸により鮮明な柄が再現でき、生地の風合いもガーゼ特有のやさしい風合いを損なうことなく、完成度の高い生地に仕上げることが可能です。
当社の多重織の技術が認められ、近年では高級寝装品用の生地として受注が増えています。
独自の技術により、7年前に生産開始して以来、他社と競合することがほとんどありません。経糸のテンション調整は非常に難しい作業ですが、熟練の職人が日々改良を重ね、進化し続けています。
試作ではあるものの、現在「八重織」まで完成しています。
愛知県蒲郡市形原町に工場を備え、企画、開発、製造、卸まで、すべての作業を自社工場の中で行えるというのがナカモリの強みです。
@fuwarafuwara
本社
〒443-0102 愛知県蒲郡市金平町折坂6-4
TEL:0533-57-7811 FAX:0533-57-1090
商品センター
(実質本社)
〒443-0104 愛知県蒲郡市形原町南新田22-1
TEL:0533-57-9577 FAX:0533-57-1090